西千葉のアパート、マンション、賃貸、売買情報の春日不動産。千葉大生、千葉経済大生、敬愛大生のお部屋探しはお任せください。

お問い合わせ

043-241-3383

定休日なし

営業時間[平日] 9:00~18:00 [日・祝] 10:00~17:00

スマホサイトはこちらから

有限会社春日不動産 > (有)春日不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を共同名義で購入する方法やメリット・デメリットをご紹介!

不動産を共同名義で購入する方法やメリット・デメリットをご紹介!

≪ 前へ|2022年4月入学   記事一覧   賃貸物件は部屋の向きにも注目して選ぼう!それぞれの特徴とは?|次へ ≫

不動産を共同名義で購入する方法やメリット・デメリットをご紹介!

不動産の購入を検討する際、単独名義にしようか、共同名義にしようかと迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まずは、共同名義にする方法や、メリット・デメリットを知った上で検討したいですよね。
そこで今回は、不動産の購入をご検討中の方に向けて、共同名義での購入についてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を親子や夫婦との共同名義で購入する方法とは?

不動産を購入する際、親子や夫婦と共同名義にすることが可能です。
まずはその方法を解説していきますね。
共同名義とは、登記上、一つの不動産を、親子や夫婦など複数の人が所有している状態のことです。
共同名義で不動産を購入するためには、それぞれがどれくらいの割合で所有しているかを示す、持分登記をする必要があります。
不動産を取得した際には登記をおこないますが、このときに、不動産を購入する際に出資した金額の割合で登記するのです。
たとえば、3,000万円の不動産を夫婦で1,500万円ずつ出して購入した場合、2分の1ずつの持分の共同名義になります。

不動産を親子や夫婦との共同名義で購入するメリットとは?

では具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

単独では購入できない不動産も購入できる

住宅ローンは、年収に応じて借入可能金額が設定されます。
共同名義にして年収を合算することで、審査にも通りやすくなりますし、単独では購入できないような価格の不動産でも、借入可能金額を増やして購入することが可能です。

それぞれが住宅ローン控除を受けられる

住宅ローンの年末時点での残高に対して、1%が控除される住宅ローン控除を、それぞれが受けられます。
10年間にわたって控除されるので、大きな節税になりますよ。

売却の際の特別控除をそれぞれが受けられる

将来、不動産を売却する際、3,000万円の特別控除も、それぞれが受けられますよ。

不動産を親子や夫婦との共同名義で購入するデメリットとは?

不動産を共同名義で購入する際は、メリットだけでなくデメリットも知った上で検討しましょう。

購入する際の諸費用がローンの契約分かかる

共同名義では、それぞれが住宅ローンを組むことになります。
住宅ローンを組む際の諸費用も、ローンの契約ごとにかかりますから、頭に入れておいてください。

売却する際は承認が必要

一つの不動産を共同で所有しているため、売却する際には、持分割合に関係なく、名義人全員の承認が必要です。

共同で所有している人が亡くなると相続が発生する

たとえば夫婦の共同名義で不動産を所有している場合、夫が亡くなると、夫が所有している持分には相続が発生します。
ほかに相続人がいれば、名義人が増えるため、売却の際に手続きが複雑になるでしょう。

まとめ

今回は、不動産を共同名義で購入する方法や、メリット・デメリットについて解説しました。
住宅ローンを組む際に、諸費用が契約の数に対してかかることや、所有者の承認がないと売却できないなどのデメリットはありますが、借入可能金額を増やすことができますし、節税にもなるという大きなメリットがあります。
不動産の購入をお考えの方は、共同名義を検討してみてはいかがでしょうか。
私たち西千葉の春日不動産は、西千葉・千葉大学周の賃貸物件を扱っております。
お客様に最適なサービスを提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|2022年4月入学   記事一覧   賃貸物件は部屋の向きにも注目して選ぼう!それぞれの特徴とは?|次へ ≫

トップへ戻る

トップへ戻る