西千葉のアパート、マンション、賃貸、売買情報の春日不動産。千葉大生、千葉経済大生、敬愛大生のお部屋探しはお任せください。

お問い合わせ

043-241-3383

定休日なし

営業時間[平日] 9:00~18:00 [日・祝] 10:00~17:00

スマホサイトはこちらから

有限会社春日不動産 > (有)春日不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における按分の必要性や注意点

不動産売却における按分の必要性や注意点

≪ 前へ|賃貸住宅に宅配ボックスは必要?メリットとデメリットを解説   記事一覧   今年は8年ぶりに・・|次へ ≫

不動産売却における按分の必要性や注意点

土地や建物を手放すときには、具体的な流れや注意ポイントなどをおさえておく必要があります。
このような売買は頻繁におこなうものではなく、なおかつ多額のお金が動きます。
失敗してしまうリスクも考えられるため、後悔と失敗をしないためにも、流れや注意ポイントをおさえておかねばなりません。
本記事では、不動産売却における按分とは何か、具体的な方法や注意点などについてまとめました。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における按分とは

不動産売却における按分とは、土地と建物それぞれの価格を算出することです。
一般的に、住まいを売るときには建物と土地を合わせて手放すケースがほとんどです。
実際、住宅物件の新聞折り込みチラシなどを見ても、土地と建物を合わせた価格が提示されています。
では、どうしてわざわざ土地と建物、それぞれの価格を算出しなくてはいけないのかというと、消費税を計算するためです。
建物は消費税の課税対象となりますが、土地は非課税です。
土地は消費の概念がないため、消費税がかかりません。
物件を売ったときは、建物分の消費税を納税しなくてはならないので、この作業が必要なのです。

不動産売却における按分の方法

不動産売却における按分の方法は、いくつか挙げられます。
まず、売買の当事者たちが、双方で話し合ったうえで決めるケースがあります。
お互いが納得いけばそのまま取引が進むため、もっともスムーズかもしれません。
また、取引時における時価を基準として分ける、固定資産税評価額に基づき算出する、といった手法も一般的です。
さらに、不動産鑑定士と呼ばれる、専門職に依頼し、評価額に基づきわけることも珍しくありません。
もっともリスクが少ないのは、専門家である鑑定士への依頼です。
費用はかかりますが、低リスクかつ効率よく手続きを進めてもらえるでしょう。

不動産売却における按分の注意点

不動産売却時における按分では、注意点もあるため覚えておきましょう。
もっとも重要なのは、双方でしっかりと割合を決め、納得したうえで契約を交わすことです。
どのような割合にするかで、双方の利点が大きく異なるからです。
場合によっては、売主が多額の消費税を納める必要が出てくるため、損をしてしまう可能性もあります。
双方できちんと話し合ったうえで契約を交わさないと、あとからトラブルに発展する可能性もあるため、注意が必要です。

まとめ

不動産売却における、按分の注意ポイントや手法などについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
消費税を納めるために、建物と土地の割合をきちんとわけ、価値を算出する必要があります。
具体的な手法については、信頼できる不動産会社にも相談してみるとよいでしょう。
私たち西千葉の春日不動産は、西千葉・千葉大学周の賃貸物件を扱っております。
お客様に最適なサービスを提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸住宅に宅配ボックスは必要?メリットとデメリットを解説   記事一覧   今年は8年ぶりに・・|次へ ≫

トップへ戻る

トップへ戻る